メタボリックシンドロームの症状

内臓脂肪はメタボリックシンドロームの原因となり、狭心症や脳卒中の原因にもなる物質です。

内臓脂肪型肥満・高血糖・高血圧・脂質異常のどれか2つ以上を併発している状態で、身体にはとても負担がかかった状態です。

メタボの改善、内臓脂肪を減らすことは、見た目から痩せるだけではなく、健康管理の上でもとても大切です。

メタボリックシンドロームの改善のポイント

メタボリックシンドローム治療方法のポイントは、内臓脂肪を減らすことです。

米や麺類などの炭水化物、脂身の多い肉など、カロリーが多い食生活を、野菜や豆類、魚を中心とした食生活になるよううに改善し、適度な運動を習慣づけることが大切です。

内臓脂肪が増えてしまうのは、脂肪の多い食事によって、細胞壁に糖脂質であるリポ多糖LPSを含んだ悪玉菌が増えて、このLPSが腸壁を破壊して血中に入ることが原因の一つです。腸内環境を正常に保って腸壁のバリアを強化して、LPSを通さないように防御することで内臓脂肪の増加を抑える方法になります。

メタボリックシンドロームに働く乳酸菌

メタボリックシンドロームの改善には腸内フローラの状態を正常にすることが大切です。

「腸内フローラを良い状態に保つ」という実験結果がある乳酸菌・ビフィズス菌は以下になります。

・植物乳酸菌LP28株(ペディオコッカス属ペントサセウス種LP28株)

・ビフィズス菌B-3

・ラクトバチルス・ガセリ菌SP株(SBT2055株)

・乳酸菌1563株

・スマート乳酸菌 Lactobacillus plantarum22A-3株

メタボにおすすめの乳酸菌サプリ

 

1 乳酸菌革命

・アシドフィルス菌など効果の期待できる菌を複数配合

・16種類、3兆個の乳酸菌が配合

・耐熱性カプセルの効果で生きたまま腸に届く

・安心にこだわって、化学性の添加物は不使用

乳酸菌革命 公式サイトへ

価格

初回 2.880円

乳酸菌の種類

ラクトバチルス・アシドフィルス、ビフィドバクテリウム・ロンガム、ラブレ菌、ガセリ菌をはじめとする16種類

乳酸菌の量

1粒 約483億個

乳酸菌革命の特徴は、乳酸菌の種類の豊富さと数。ビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌をはじめとした16種類の乳酸菌が配合された、オールマイティーな乳酸菌サプリ。

1袋で約3兆個、ヨーグルト1個100gあたりの乳酸菌が100億個の場合すると、約300個分にも値します。

耐熱性にすぐれた有胞子乳酸菌により、生きたまま乳酸菌が腸まで届きます。また、耐熱性カプセルが使われており、胃酸や胆汁から乳酸菌を守ります。


安心・安全にこだわっているので、成分には化学性の添加物を一切使用していません。

乳酸菌革命 公式サイトへ