大腸がんの症状

大腸がんは発生した場所によって症状が変わりますが、一般的に以下のような症状が現れます。
腹痛、貧血、体重減少、残便感、お腹の張り、下痢と便秘を繰り返す、血便、下血

大腸がん予防のポイント

大腸がんの原因としては、食事の内容が欧米化したことによる、脂肪分の摂りすぎや食物繊維が不足した食生活を続けるなどが挙げられます。また、過度なダイエットによる便秘も原因の一つです。
こうした生活習慣の乱れが原因で腸内環境が悪化してしまい、悪玉菌が腸の中で活性化することで、発がん性物質を作り出します。さらに悪玉菌は脂肪を分解する為に肝臓で作られた胆汁酸を酸化させ、二次胆汁酸と呼ばれる物質に変化させます。こちらも大腸がんを促進させる原因となってしまいます。
大腸がんの予防には、善玉菌を増やして悪玉菌の活動を抑え、腸内環境を正常な状態に戻して維持することが大切です。

大腸がん予防に働く乳酸菌

「大腸がん予防に効果がある」実験結果がある乳酸菌・ビフィズス菌は以下になります。

・ビフィズス菌ロンガムBB536
・ビフィドバクテリウム・アニマリス・亜種ラクティスLKM512株
・ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株

大腸がん予防におすすめの乳酸菌サプリ

 

③ビヒダスBB536

・おすすめの機能性表示商品

・ビフィズス菌ロンガムBB536には便通を改善実験結果が報告されています

・ヨーグルトの老舗としても人気の森永乳業

価格

初回1,835円

乳酸菌の種類

ビフィズス菌ロンガムBB536

乳酸菌の量

一袋あたり 150億個

保健機能食品制度

機能性表示食品

森永 ビヒダスBB536もヘルスエイド ビフィーナSを同様に機能性表示食品の認可を受けています。
ビフィズス菌BB536はもともと胃酸に強い乳酸菌ですが、独自のカプセル技術によってしっかりと保護された状態で大腸まで届けられるようになりました。また、カプセルも小型になるよう技術を開発して飲みにくさが改善され、手軽に飲めるように製品化されました。
ビフィズス菌BB536は、悪玉菌を追い出して、腸内環境を良好にしたい方へおすすめです。

公式サイトへ

→商品をもっと詳しく知りたい方