医療法人 蒼龍会

pageimg
法人概要
 

個人情報保護方針

 

はじめに

 当法人では基本理念である「私たちの信条」に従い、患者さまに最良の医療を提供できるように全職員が努力しています。さらに、患者さまの大切な個人情報とプライバシーを保護するため以下に示すさまざまな取り組みをしています。
個人情報というのは、氏名、性別、住所、生年月日などに限らず、患者さまの診療録(カルテ)、処方箋、看護記録、手術記録、透析記録、検査成績報告書、CTなどのX線写真・報告書、紹介状などのことです。

 個人情報取り扱い責任者は各施設管理者です。もしあなたの大切な個人情報が漏れた場合、もしくは情報が漏れていると思われるときには受付にお申し出下さい。すぐに管理者に報告し対処いたします。

 

1.治療を目的とした個人情報の利用

 当法人では医師、看護師、その他の職員が取得した患者さまの個人情報は診療録等に記録され、最良の治療を行うために利用されます。最良の治療を提供できるよう、患者さまの個人情報を他の病院の医師に示して意見を求めることがあります。

 

2.病名や病状の告知

 最良の治療が継続できるよう、患者さまご本人に病名や病状をご説明いたします。
 患者さまには病名を知る権利と知りたくなければ病名告知を拒否する権利があります。主治医とご相談下さい。患者さまご本人だけに病名告知することもできますので、その際には主治医にお申し出下さい。

 

3.当法人以外の診療所や病院等との連携に利用

 患者さまが継続的に最良の治療を受けられるよう、診療に関する報告書のコピー、処方箋のコピーなどを患者さまの治療を引き継ぐ医師、診療所、病院に患者さまの許可を得た上で提供します。調剤薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者などとの連携の場合にも同様の取扱いをいたします。
 透析医療、糖尿病、あるいはがんの医学調査や疫学調査などに患者さまの病気が当てはまる場合には、患者さま個人が特定されないよう匿名化などをして患者さまの個人情報の一部を行政機関に報告いたします。

 

4.学会・研究会での利用

 患者さまの個人情報が医師、看護師、その他の職員の勉強会などで教育目的で利用されることがあります。学会や研究会で患者さまの個人情報が医療の発展を目的として利用されることがあります。学会や研究会では患者さまの氏名等の個人を特定できるような個人情報は発表しませんが、医師や看護師などから患者さまの個人情報を利用する目的で前もって同意書を頂くことがありますのでご協力をお願いします。

 

5.カルテ情報の公開

 患者さまご本人からお申し出があれば原則として患者さまのカルテの公開を行っております。カルテ公開のお申し込みは総合受付までお願いします。
 迅速にカルテ公開を行うよう努力しますが、患者さまの治療の継続に支障がでる場合などには、カルテを公開しないことがあります。その際には文書でお知らせしますが、非公開についての質問や苦情は総合受付で承ります。

 

6.プライバシーの保護

 当法人では患者さまのプライバシーの保護を最重要課題として尊重します。
 ただし、間違い防止やご案内を目的として、受付、会計、外来、館内放送で個人名をお呼びいたします。個人名でのお呼び出しを希望されない場合は、総合受付にお申し出下さい。
 また、入院で病室前にご自分のお名前を表示したくないときには、受持ち看護師または看護副主任にお申し出下さい。

 

各施設の個人情報に関するお知らせと利用目的