シンバイオティクスとは?腸内細菌と細菌のエサを同時に摂る効果

腸内環境を改善することは、便秘の改善だけでなく血糖値やコレステロールのコントロール、アレルギーの改善、免疫力の向上などさまざまな体の機能を高めることが研究によってわかってきました。

腸内フローラの状態を善玉菌が優勢の状態に保つためには、善玉菌を体内に取り入れることが必要です。それと同時に善玉菌の栄養となる成分も一緒に摂取することで相乗効果を生み出し、より効率的に腸内環境を改善することがわかっています。

シンバイオティクスとは?

「プロバイオティクス」とは、腸内フローラのバランスを良好に保ち、人の身体にとって有益な働きをする善玉菌や細菌、微生物のことです。
また、その細菌や微生物を含む食品のことを指す場合もあります。

「プレバイオティクス」とは、大腸内に生息するビフィズス菌などの善玉菌の栄養源となる食物繊維やオリゴ糖などです。

「シンバイオティクス」は、プロバイオティクスとプレバイオティクスの両方を同時に摂取することを言います。腸内でよい働きをする善玉菌と善玉菌のエサとなる成分を同時に取り入れることで、善玉菌の数を増やすだけでなく善玉菌の活性を高め、善玉菌の持つ整腸効果をより高めることができると考えられています。

医療の現場でもシンバイオティクス療法と呼ばれ、術後の感染症の予防や炎症を抑える目的にシンバイオティクスを活用する例もあり、現在さまざまな分野から注目を集めています。

どんな摂り方をするとよいのか?

シンバイオティクスとは、プロバイオティクスとプレバイオティクスを同時に摂取する方法です。善玉菌を含む食品とその栄養となる成分の組み合わせとしては、以下のようなものが考えられます。

・ヨーグルトにオリゴ糖を加える

・ヨーグルトとコーンフレークやグラノーラなどを同時に摂る

・ヨーグルトにきな粉を加える

・豆類をヨーグルト入りのドレッシングでサラダにする

・ぬか漬けやキムチと玄米や雑穀を同時に摂る

・納豆と玄米や白米を同時に摂る

・ピクルスと全粒粉パンを同時に摂る

善玉菌は、熱に弱いためいずれも加熱調理せずに摂取した方が、シンバイオティクスの考えでは、効果が高いと言われています。
しかし、善玉菌が生きた状態でない場合でも腸内で善玉菌のエサとなるなど腸内環境の改善に有効であることが分かっています。

プロバイオティクスを含む食品

乳酸菌やビフィズス菌などを含む食品の例です。ぬか漬けやキムチなどの発酵食品には植物性の乳酸菌が含まれています。乳製品のアレルギーがある場合は、発酵食品を上手に利用して乳酸菌を取り入れることができます。

ヨーグルト、チーズ、乳酸菌飲料、ぬか漬け、キムチ、ピクルス、ザワークラフト、 納豆、味噌、酒粕、テンペ

プレバイオティクスを含む食品

善玉菌のエサとなるプレバイオティクスを含む食品は、オリゴ糖や食物繊維を含む食品となります。第三の食物繊維とも呼ばれる難消化性のでんぷんであるレジスタントスターチもプレバイオティクスとなります。

【オリゴ糖を多く含む食品】

甜菜糖、きな粉、バナナ、豆乳、豆類、はちみつ、にんにく

【水溶性食物繊維を多く含む食品】

海藻類、寒天、こんにゃく、りんご、切り干し大根

【不溶性食物繊維を多く含む食品】

ごぼう、タケノコ、トウモロコシ、豆類、キノコ類、玄米、レタス

【レジスタントスターチを多く含む食品】

玄米、白米(冷えたもの)、大麦、とうもろこし、インゲン豆、パスタ、コーンフレーク

バイオジェニックスについて

【バイオジェニックスとは】

バイオジェニックスとは、東京大学名誉教授の光岡知足氏によって提唱された言葉です。

腸内フローラの改善だけではなく、直接的に体に作用をして健康を増進する成分を指し、それを機能性食品として摂取することで病気の予防や治療に役立てるというものです。

【プロバイオティクス、プレバイオティクスとの違い】

プロバイオティクスやプレバイオティクスは、腸内環境を改善する効果があり、その結果として病気の予防や治療に役立ちます。

一方、バイオジェニックスは、腸内フローラを介することなく、直接的に体内にさまざまな作用をもたらす食品成分です。

免疫力を向上させたり、コレステロールや血糖値を安定させたり、アレルギー症状を改善するなどの病気の予防、治療の効果が期待されています。

加齢とともに腸内フローラの機能性は低下し、腸内の善玉菌の数は減少していきます。老化した腸内へ新たに善玉菌を入れても、善玉菌のエサとなるプレバイオティクスを入れても、善玉菌自体を保持する機能が低下してしまっているので、腸内の善玉菌を増やすことはできません。

そこで、腸の状態にかかわらず、直接体に作用し、病気の予防や治療につながる方法として注目されているのがバイオジェニックスとなります。

【バイオジェニックスの作用】

プロバイオティクスは生きている菌を摂取することが重要ですが、バイオジェニックスはビフィズス菌や乳酸菌などの菌体自体に有用性があると考えられているため、菌が生きているかどうかには左右されません。
菌体の成分が腸内で吸収されると、白血球内にある免疫細胞のマクロファージを活性化させます。

マクロファージが活性化すると、他の免疫細胞に働きかけ免疫抗体を生成させます。この抗体が病原菌のもつ毒素を無害化し、細菌やウイルスから身体を守る働きをします。

したがって、菌体によるマクロファージの活性化が免疫力を高め、全身の健康増進、疾病の予防や治療に作用を示すことにつながります。

バイオジェニックスには、乳酸菌体ペプチド、乳酸菌生産生理活性ペプチド、植物フラボノイド、DHA、EPAなどが該当します。

シンバイオティクスまとめ

腸内の善玉菌を増やすためには、まず腸内へ善玉菌を取り入れる必要があります。善玉菌を取り入れただけでなく、善玉菌の栄養となる物質を同時に摂ることで、善玉菌をより増殖させ、活性を高めることがシンバイオティクスとなります。

プロバイオティクスとプレバイオティクスを自分で組み合わせて摂取することもできますが、現在は商品としてあらかじめプロバイオティクスとプレバイオティクスを合わせた食品も販売されています。

また、腸内フローラを介さずとも直接的に体にさまざまな良い作用をもたらすバイオジェニックスも機能性食品として開発されています。シンバイオティクスもバイオジェニックスにも腸内環境を改善することに変わりはありません。どちらも腸内環境の改善に手軽に取り入れられるものとなっています。

日常的な食事で腸内環境が改善できる方法をご存知ですか?

発酵食品

納豆やキムチなど、食卓でも身近な発酵食品。

発酵食品を食事で摂る

栄養補助食品

サプリメントを食事にプラスして、効率的に栄養素を補給。

サプリメントで腸内環境を改善

野菜

野菜は健康維持に大切な食品です

腸内環境を整える野菜

食物繊維

不足しがちな食物繊維を効果的に摂取

腸内環境には食物繊維も大切

ヨーグルト

腸内環境を整える代表的な食べ物。

腸内環境を整えるヨーグルト

ページの先頭へ