保健機能食品の分類や違い-保健機能食品制度について

近年、健康への関心がますます高くなっています。
それに伴って、食品の栄養や機能に関する正確な情報を求める人が増えています。

2015年4月より、保健機能食品制度に「機能性表示食品」が追加され、これまで以上に消費者に広く情報が提供されるようになります。

以前からの制度「特定保健用食品(トクホ)」と「栄養機能食品」、新たな制度の「機能性食品」の違いを中心に保健機能食品について説明いたします。

保健機能食品制度の概要

保健機能食品制度は、多種多様に販売されていた健康食品の中で、一定の条件を満たした食品を「保健機能食品」と称して販売することを認める制度です。

「特定保健用食品(トクホ)」「栄養機能食品」「機能性表示食品」の3つに分類されています。

「特定保健食品(トクホ)」は、食品の持つ特定の保健の用途を表示でき、「栄養機能食品」は、栄養成分の機能を表示できる食品です。

また、「機能性表示食品」は、事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示できる食品とされています。

何故制度が作られたのか

保健機能食品制度は、消費者が安心して食品を選択できるように、適切な情報を提供することを目的に作られました。

しかし、「特定保健用食品(トクホ)」は、取得するために多額の費用と時間がかかり、中小企業が申請するのは困難な制度でした。

その為、「機能性表示食品」の制度が、規制緩和の一環としてスタートしました。

「機能性表示食品」では、中小企業も参入できるような仕組みになっており、機能性が表示される食品が増えました。

わたしたち消費者側は、より多くの情報の中から自分に合う健康食品を選択できるようになりました。

特定保健用食品とは?

「特定保健用食品」は、「特保(トクホ)」と呼ばれています。

テレビコマーシャルやスーパーなどで、よく目にしたり耳にしたりする言葉でしょう。

「特定保健用食品(トクホ)」は、製品ごとに食品の有効性や安全性について国から審査を受け、特定の保健の効果が科学的根拠に基づいていることを国が認めた食品です。
商品に効果について表示することが許可されています。 保健機能食品制度の中で、「特定保健用食品(トクホ)」にのみ、「許可マーク」が表示されています。

特徴

・国からの許可を受けている

・「消費者庁許可、特定保健用食品」というマークが入る

具体的な記載例

「お腹の調子を整える」

「糖の吸収をおだやかにする」

「脂肪の吸収を抑える」

「血圧が高めの方に」

「コレステロールを低下させる」

「口内環境を整え、丈夫な歯を保つ」

特定保険用食品についてもっと詳しく

栄養機能食品とは

栄養機能食品は、一日に必要な栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)を補うために利用できる食品です。すでに科学的根拠が確認された栄養成分を、一定の基準量を含む食品であれば、機能性を表示することができます。特に消費者庁長官に届け出る必要ありません。

特徴

・国からの許可や届出が必要ない

・国が定める特定の栄養成分の規格基準に適合していれば、機能性の表示ができる

・表示の際、国が定めた表現であること、注意喚起の表示も必要

具体的な記載例

「ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。
本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進したりするものではありません。1日の摂取目安量を守ってください。」

栄養機能食品についてもっと詳しく

機能性表示食品とは

機能性表示食品は、事業者の責任において表示されるもので、国が許可するものではありません。

事業者が食品の安全と機能性に関する科学的根拠などの必要な事項を、販売前に消費者庁長官に届け出ます。安全性の確保を前提として、科学的根拠に基づいた機能性が表示されます。

特徴

・疾病に罹患していない方(未成年、妊産婦(妊娠を計画している方を含む。)及び授乳婦を除く。) を対象とした食品

・生鮮食品を含め、すべての食品(一部除く。)が対象

・安全性及び機能性の根拠に関する情報、健康被害の情報収集体制など必要な事項が、商品の販売前に、事業者が消費者庁長官に届け出る

・特定保健用食品とは異なり、国が安全性と機能性の審査はしない

・届け出られた情報は消費者庁のウェブサイトで公開

具体的な記載例

「本品には大豆イソフラボンが含まれます。大豆イソフラボンは骨の成分を維持する働きによって、骨の健康に役立つことが報告されています。」

「本品には難消化性デキストリン(食物繊維)が含まれます。難消化性デキストリンには、同時に摂取した糖や脂肪の吸収を抑える機能があることが報告されています。」

機能性表示食品についてもっと詳しく

特定保健用食品(トクホ)と機能性表示食品の違い

「特定保健用食品(トクホ)」と「機能性表示食品」は、制度が似はいても根本的に異なっています。混同しないようにポイントを確認しておきます。

「特定保健用食品(トクホ)」は、国の許可が必要

「機能性表示食品」は、国の許可は不要(消費者庁長官への届け出のみ必要)

対象について

「特定保健用食品(トクホ)」は、個別の商品ごとに対象となる

「機能性表示食品」は、生鮮食品を含めすべての食品が対象となる

表示について

「特定保健用食品(トクホ)」は、機能性表示と合わせて、「消費者庁許可、特定保健用食品」マークが入る

「機能性表示食品」は、機能性表示のみ、マークは入らない

保健機能食品 まとめ

「機能性表示食品」が加わったことで、より多くの身近な食品に機能表示がされるようになりました。

国の責任において表示される「特定保健用食品(トクホ)と、事業者の責任において表示される「機能性表示食品」のルールは異なっています。

しかし、消費者からすると、適切に機能が表示されてさえいれば、商品を選択する際に役立つことに変わりはありません。

「保健機能食品制度」の3つの分類の特徴を踏まえて、消費者それぞれが上手に利用してゆきたいものです。

こんな症状に悩んでいませんか?

便秘

慢性的にお腹が張っていて便秘気味。
コロコロなうんちが週に何回かしか出ない。

便秘について詳しく調べる

風邪やインフルエンザ

年に何回も風邪にかかってしまう。
インフルエンザは注意しているけど不安。

免疫力を高めて負けない身体になる

アレルギー

食べ物などで皮膚がかゆくなる。
花粉症で鼻がムズムズ、目もかゆい。

かゆみやムズムズを抑える

肥満改善・ダイエット

お腹周りに余計な肉がついた気がする。
食事も注意しているけど痩せない。

身体の中からすっきり痩せる

ページの先頭へ