特定医療法人 蒼龍会 井上病院,大阪府吹田市江坂にある特定医療法人蒼龍会 井上病院は、腎臓病と透析治療の専門病院です。腎炎の治療から、透析治療、社会復帰、介護の問題など、一人ひとりの病状や生活に応じた「患者さま本位の医療」を目指しています。

pageimg
学会・研究
 

学会発表

 
平成29年度 学会実績
 

論文業績

 
2017年度 論文実績

●「透析患者の転倒」 井上病院 リハビリテーション科 松藤勝太
  大阪透析研究会会誌 第35巻2号 105~109 2017

 

業務改善活動(TQC)

 
血液透析終了時の血液飛散をなくそう


井上病院では昭和58年より「ヒヤリハット」の取り組みを行っており、以来医療事故の防止や感染対策、コスト削減、接遇不良などの業務改善活動を行ってきました。
そして今回、平成30年4月26日に中国で行われた「Boao CN-HEALTHCARE SUMMIT 2018」で当院の業務改善活動「血液透析終了時の血液飛散をなくそう(平成24年に実施)」を発表し、銅賞を受賞しました。

At Inoue hospital, in 1983, we established medical incident rules, since then ,we have continued quality control circle such as prevention of medical accidents, infection control, cost reduction, and inadequate manners.
In 2016, we improved of this QCC theme "A project for standardized procedure to reduce blood scattering just after hemodialysis session".
This QCC was awarded the bronze prize at "Boao CN-HEALTHCARE SUMMIT 2018" held in China on 26th April.